竹の細い角箸〜麺類も滑らず食べやすいです

  • 2020.07.04 Saturday
  • 18:29

JUGEMテーマ:幸福に生きる

JUGEMテーマ:和雑貨

 

「そうめん」「ひやむぎ」が、スーパーの店頭でずら〜っと並んでいるもので、便乗営業、その2

 

以前取り扱っていた「竹の細い箸」が欲しいというリクエストをたびたびいただいておりました。

 

竹の角箸は、麵を食べても滑らず、細くて軽いもので、好きな方は多いお箸。

 

ちゃんと角の面取りはしてあるので、当たりは優しい角箸です。

 

色付きは食用ウレタン、茶色は漆塗り。

 

竹は水を吸うと乾きにくく、割れたりかびたりしやすいので、実用と耐用を考えると、ウレタン仕上げは悪い仕上げではありません。

 

でも、やっぱり樹脂は嫌という方は、漆をどうぞ。

 

※こちら、郵送商品となっております
通販→https://goo.gl/KBSPjx
※**☆***★*※*☆**※★***☆※*★
和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店
「暮らしを美しむ小道具の店 環」
03-6914-8050
http://www.wazakka-kan.jp/
環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします
https://www.facebook.com/wazakka.kan
環のtwitter フォローよろしくお願いいたします
https://twitter.com/from_kan
#和雑貨 #和小物 #江古田 #zakka #竹の箸 #滑らない箸 #麺類も食べやすい箸 #細い箸

初めての鉄瓶に

  • 2020.05.26 Tuesday
  • 18:53

JUGEMテーマ:幸福に生きる

JUGEMテーマ:和雑貨

JUGEMテーマ:職人技

 

東京もやっと緊急事態宣言解除ですね。
少し気分が軽くなりました。

 

今回のステイホームの影響で、自宅で過ごす時間を見直した方も多いかと思います。

 

当店、お客様は主婦が多い店。

「掃除して断捨離しまくったわ」

「普段作らないような料理に挑戦してみた」

「お花を飾るようになった」そんな話をよく聞きました。

 

ゴールデンウィーク辺りから、商店街を行き交う人が増え、一人でひっそり足早に歩く人が減り、江古田も自粛解除へ向かって変化中。

 

若いご夫婦や恋人連れが、「ご飯ちゃんと作るようになったら、いい器が欲しくなったかも」「〇〇作るのに▲▲(調理器具)欲しいんだよね」なんて雑談が聞こえてきたりして、コロナがきっかけで皆さんの生活に楽しい変化も起こっているようで、そこは良かったなと思います。

 

わたくし的に、器も調理器具も、最初はちょっと高く感じても、いいものを買った方が絶対お得と思います。当店、漆器や鉄鍋、鉄瓶なら、ご相談にのれますから、ご相談くださいね。

 

そして、本日は鉄瓶について、お知らせあり。

 

実は、コロナの影響で鉄瓶の予約が落ち着いており、今予約いただけるなら今年秋口にはお渡し可能。あまりお待たせせずに済みそうです。この機会に、検討されていた方はご予約くださいませ。

当店の鉄瓶は、職人・高橋大益の作。

予約注文が重なり、入荷しても翌日には旅立つもので、実物を目にしたことがある方はわたくしと買った方ぐらい「ユーレイ鉄瓶」

 

江古田のお客様は、多分、当店が鉄瓶を売っていることを知らない人が多いと思います、、、、(笑

 

鉄瓶に興味があるけれど、どこから検討したらいいのか分からないという方は、いきなり品物を選ぶ前に、まずは『容量』から検討したらいいと思います。

 

やかんと違って、鉄瓶は「水」を入れっぱなしにしていると錆びる可能性がありますから、お湯は沸いたら使い切るつもりで、1回どのくらい沸かしているかなと、自分の現状を認識するのが第一歩。

 

沸いたお湯は使い切らずにポットで保温の方は、今使っているポットの容量と相談。

 

容量が定まったら、デザインや重量を見て選んでくださいな。形は似て見えても、量産タイプは重たいものもあります。鉄瓶の場合、軽さは使いやすさに通じます。

 

高橋さんの作る鉄瓶は、どれも鉄の厚みを極力薄くあげ、軽く軽く作ってありますから容量≒重量だと思って見てください。

 

融けた鉄は高粘度、それを鋳型の隅々まで流せる限界を読みながら鋳型を作る技術の高さ。

 

高橋さんの鉄瓶は「高いから迷ったけれど、買って良かった!」とメールをくれる名品ばかりですから、「初めての鉄瓶」にもおすすめいたしますよ。

 

予約→https://goo.gl/RVD3XK
※**☆***★*※*☆**※★***☆※*★

和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店

「暮らしを美しむ小道具の店 環」

03-6914-8050

http://www.wazakka-kan.jp/

環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします

https://www.facebook.com/wazakka.kan

環のtwitter フォローよろしくお願いいたします

https://twitter.com/from_kan

#和雑貨 #和小物 #江古田 #zakka #高橋大益 #鉄瓶 #職人技 #お茶が美味しい #コーヒーが美味しい

鶴と亀の薬味おろし金〜おうちご飯を楽しむ小道具

  • 2020.04.07 Tuesday
  • 18:44

JUGEMテーマ:幸福に生きる

JUGEMテーマ:和雑貨

JUGEMテーマ:職人技

 

 

鶴と亀の薬味おろし、入荷しました。

当店では「一人暮らしスタートお祝い」や「カジュアルな結婚祝い」に贈る方が多いお品。

 

こちらのおろし金は職人が手で目起こししております。近寄ってよく見ると、歯の向きが揃っていないのが分かります。

 

同じ動作を繰り返す、慣性を働かせるのは人間得意ですが、微妙に変えるというのは、逆に難しいと私は見ております。

 

おろし金の地金は銅、錫メッキ。
金銀おめでたいビジュアル。
おろし金そのまま、食卓に出してもよい雰囲気。

 

何なら、旦那様やお子さんに「はい、お手伝いして」とやってもらっちゃいましょう(笑

 

生姜、にんにく、ワサビ、レモンやかぼすや柚子の皮を下ろしたり、おろす欠片を小さくすれば大根や人参もいけますよ。

おろし金は「当たり金」とも呼ぶことから、江戸時代に「金運が上がるラッキーアイテム」としてもてはやされた、なんて聞いたことあります。

 

変な験担ぎは、いつの時代にも生まれるの法則(笑

 

当たり金、
持ば当たるものならば、
当たってみたいな宝くじ

 

おろし金。コロナには効きませんが、おうちごはんを楽しむための小道具にどうぞ。

 

通販→https://goo.gl/KBSPjx
※**☆***★*※*☆**※★***☆※*★
和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店
「暮らしを美しむ小道具の店 環」
03-6914-8050
http://www.wazakka-kan.jp/
環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします
https://www.facebook.com/wazakka.kan
環のtwitter フォローよろしくお願いいたします
https://twitter.com/from_kan
#和雑貨 #和小物 #江古田 #zakka #おろし金 #当たり金 #鶴と亀 #一人暮らし #結婚祝い #調理器具 #ちょこっとギフト #縁起物 #験担ぎ

金継ぎ職人こまやの継いだ器〜お色直しの螺鈿のお皿

  • 2020.01.17 Friday
  • 17:09

JUGEMテーマ:幸福に生きる

JUGEMテーマ:和雑貨

JUGEMテーマ:職人技

 

金継ぎ職人こまやさんが、久し振りに継いだお皿を持ってきてくれました。

 

実はこのお皿、どちらとも割れたところが目立たないように加飾したものだったのですが、気に入る方が現れないまま数年経ったので、仕上げを変えてみたというお品物。

こまやさんは、こんな細いところに螺鈿を施すという、面倒くさくて難しい仕上げを好んでやる方で、変わり者(笑

 

知り合ってから数年経ちますが、どんどん仕上げが丁寧に美しくなっているなと感心いたします。

 

こうして表情の変化をみると、金継ぎは面白いなと思います。

 

こまやさんに金継ぎを頼んだ方が、出来上がりを見て、わ〜!っと気分が高揚するのも分かる気がするのです。

 

割れる前の姿との対比もあるでしょうが、加飾の仕方でがらりと印象が変わるもので、これが同じ器かと感じるのだと思います。

 

そして、器の形や手触り、釉薬の色に割れ方など、総合的に判断してこの仕上げが似合うだろうなと思い浮かべるこまやさんが凄いなと思います。

 

修理を頼みたい方は直接こまやさんにつなぎますからメールください。

 

こまやが遊びで継いだ器が欲しい方は、お迎えどうぞ。
 

通販→https://goo.gl/6iEbau

※**☆***★*※*☆**※★***☆※*★
和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店
「暮らしを美しむ小道具の店 環」
03-6914-8050
http://www.wazakka-kan.jp/
環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします
https://www.facebook.com/wazakka.kan
環のtwitter フォローよろしくお願いいたします
https://twitter.com/from_kan
#和雑貨 #和小物 #江古田 #zakka #金継ぎ #職人仕事 #こまや #螺鈿

盒饗膠廚気鵑療管咫2019年度全国伝統的工芸品公募展入賞おめでとうございます!

  • 2019.12.20 Friday
  • 20:03

JUGEMテーマ:幸福に生きる

JUGEMテーマ:和雑貨

JUGEMテーマ:職人技

 

本日は、嬉しいお知らせが届きました。

当店取り扱いの鉄瓶職人・盒饗膠廚気鵑ら「入選したから時間あれば見に行って」のハガキ。『2019年度全国伝統的工芸品公募展』のDMでした。

 

盒兇気鵑蓮⊃年前にも公募展で入選しておりまして、その時の鉄瓶は、技術的な攻めと美しいプロポーションとのせめぎ合いのような鉄瓶で、製作の難易度の高さに息が止まった記憶。

 

今回も、びっくりしちゃうのかもしれません。とても楽しみです。

 

みなさんも、お時間あれば、伝統工芸青山スクエアへ公募展を見にお出かけくださいな。

 

盒兇気鵑賄管喊人と自称しておりますが、鉄瓶の鋳物職人。量産型の鋳物と違って、一つ一つ手作りする職人です。

 

盒饗膠廚気鵑療管咾聾什瀝縮鸚。
来年10月まで予約が埋まっております。

 

地道なものづくりを続ける傍ら、公募展へ出品する作品作りも頑張ってきたからこその人気です。

 

一つ一つ、鋳型を手作りする職人さんなので、お渡しまでお待たせしますが、量産型では効率を優先して落としてしまうところを残さずすくい取るような作り方をしておりますから、

 

地金の厚みを鉄の流度ギリギリを計算して薄く作って実現する『軽さ』、デザイン性の高い『モダンな美しさ』、

 

昔ながらに縛られず、使い勝手を向上させて「弦が倒れる/蓋に蒸気穴がついている」など『使いやすさ』も向上。

 

使った方から「待った甲斐があった」と称賛いただく名品です。

大仏の頭みたいな「あられ」のボチボチも、盒兇気鵑作るとツンツンとリズミカル。

 

これを一つ一つ、手で彫ってる姿を想像すると、黙々と作業する実直な盒兇気鵑了僂浮かんで、笑顔が出ちゃいます。

 

文章では饒舌なので、きっと心の中ではよく喋る人。模様を彫りながら歌ってんじゃないかな?って思ったり(笑

 

その歌が、このボチボチの揺らぎに出て、見ていて気持ちいい並びになっているような気がします。作る人の何かって品物に現れますからね(笑

 

待てる方はどうぞご予約なさってください。
予約→https://goo.gl/RVD3XK

※**☆***★*※*☆**※★***☆※*★
和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店
「暮らしを美しむ小道具の店 環」
03-6914-8050
http://www.wazakka-kan.jp/
環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします
https://www.facebook.com/wazakka.kan
環のtwitter フォローよろしくお願いいたします
https://twitter.com/from_kan
#和雑貨 #和小物 #江古田 #zakka #盒饗膠 #鉄瓶 #全国伝統的工芸品公募展

大根おろしの友、鬼おろし

  • 2019.10.27 Sunday
  • 18:35

JUGEMテーマ:幸福に生きる

JUGEMテーマ:和雑貨

 

 

秋といえばさんま。
さんまと言えば、大根おろし。

 

大根おろしの友、竹の鬼おろし、あります。

大根おろしでみぞれ鍋。
大根おろしにちりめんじゃこ振り掛けて、醤油をたらり。なめこのお味噌汁、納豆に入れても美味しいよ、大根おろし。

 

ざっくり仕上がった大根おろしは、手間を掛けずに美味しいごはんの素。

 

この山々で、人参をおろしてドレッシングにつかっても美味しいですよ。

 

通販→https://goo.gl/KBSPjx

-------------
ああ、でも上手に焼いた美味しいサンマを手間いらずで食べたい方は、江古田駅北口徒歩1分の居酒屋「若みや」へ行くことをおすすめいたします。マスターに「一番美味しいサンマ頂戴!」って言えば、日本一美味しいサンマが食べられますよ(ふふふ

 

※**☆***★*※*☆**※★***☆※*★
和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店
「暮らしを美しむ小道具の店 環」
03-6914-8050
http://www.wazakka-kan.jp/
環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします
https://www.facebook.com/wazakka.kan
環のtwitter フォローよろしくお願いいたします
https://twitter.com/from_kan
#和雑貨 #和小物 #江古田 #zakka #大根おろし #鬼おろし #竹製品 #台所用品

みんな集まれ、ハロウィンイベントと竹のハケ

  • 2019.10.26 Saturday
  • 18:44

JUGEMテーマ:幸福に生きる

JUGEMテーマ:和雑貨

 

 

本日、商店街ではハロウィンの無料お菓子配布イベントがあり、ただいま当店開店休業状態。

お菓子配布待ちの行列が長く、当店の入口が行列で塞がれるほどの人気イベントなのです。普段は見たことが無いほどの行列。

 

でも、ちょっと複雑な気分。
だって、無料のお菓子配布があるから今日は来るけれど、普段はどちらでお買い物されているのかしら?と浮かんじゃう、、、

 

大人の黒い心がチュクチュクしちゃうの〜(ハニーフラッシュな気分とでもいいましょうか

 

冗談はさておき、これがきっかけとなって、江古田の商店街でお買い物してくださるご家族が、増えてくれたらほんとにいいなと願って止みません。

さて、本日ご紹介は「竹のハケ」
キーワードは、商店街イベントのハロウィンパーティーと同じく「みんな集まれ!」

 

おろし金やすり鉢の最後に、全部集まれ!がこれさえあれば手間いらずなのです。「あると便利」「おろし金やすり鉢の友」=竹のハケ

 

薄くて軽い商品ですから、注文の際に「郵送希望」と記入くだされば普通郵便でお送り出来ます。

 

通販→https://goo.gl/KBSPjx
※**☆***★*※*☆**※★***☆※*★
和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店
「暮らしを美しむ小道具の店 環」
03-6914-8050
http://www.wazakka-kan.jp/
環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします
https://www.facebook.com/wazakka.kan
環のtwitter フォローよろしくお願いいたします
https://twitter.com/from_kan
#和雑貨 #和小物 #江古田 #zakka #ハロウィン #商店街 #お菓子配布 #みんな集まれ #竹のハケ #あると便利 #すり鉢のお供 #おろし金のお供

新米の季節、おひつ生活はじめませんか

  • 2019.10.05 Saturday
  • 19:59

JUGEMテーマ:幸福に生きる

JUGEMテーマ:和雑貨

新米の季節到来ですね。
私は米食いなので、米が無いと始まりません。

 

加えて、秋になると美味しいものが次々と出てくるので、痩せる間もございません(だから万年ダイエッター?

 

私の命の米は、山梨で農家をやっている友人が担当。いつも1年分を注文します。今年も無事収穫できそうという投稿を見て、ホッとしております。

 

私は玄米食なのですが、お客様から教えられて、今では水につけて発芽させてから炊いております。友人の米は、ちゃんと芽が出ますし、何しろ味がいいのです。

 

そして、炊きたてご飯は、おひつへ入れて蒸らします。もう8年近く使っているので木の香りはしませんが、調湿してくれるから蒸らしご飯は更に美味しくなるし、冷めたご飯がまた美味しいのがおひつのいいところ。

 

土鍋や圧力鍋など、保温機能のない道具でお米を炊いている方にはぜひおすすめしたいのがおひつ。

 

お手入れは簡単で、棕櫚たわしで磨いて、米のぬめりを落としたら乾燥させるだけ。東京ぐらいの湿度だと、一晩放置で十分乾きます。

 

毎日炊かない方ならおひつ1個で、十分、使用〜乾燥サイクルが回せるので事足ります。今どきは、麺類も挟まるから、大概のご家庭では1個で十分かなと思います。

 

今回は、木曽さわらを使用した銅たがの江戸びつをご紹介。容量は3.5合を現在在庫しております。5合は取り寄せとなりますが3日ほどいただけたらお送りできます。

 

新米の季節に合わせて、気になるおひつライフ、始めてみてください。

 

通販→https://goo.gl/KBSPjx

 

※HPのおひつのページでは、おひつの取り扱い方や、豆知識的な雑記もご紹介しております。お時間ある時に、ご一読くださいね。

※**☆***★*※*☆**※★***☆※*★
和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店
「暮らしを美しむ小道具の店 環」
03-6914-8050
http://www.wazakka-kan.jp/
環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします
https://www.facebook.com/wazakka.kan
環のtwitter フォローよろしくお願いいたします
https://twitter.com/from_kan
#和雑貨 #和小物 #江古田 #zakka #おひつ #新米の季節 #ご飯が大好き #米さえあれば #玄米 #土鍋炊飯

ご飯茶碗におすすめ、薄挽きの器、山中塗

  • 2019.07.08 Monday
  • 14:05

JUGEMテーマ:幸福に生きる

JUGEMテーマ:和雑貨

 

漆器は産地の名前がついていて、○○塗というのは○○塗特有の技法がある、という意味ではありません。その中で、見ればこれは「津軽塗だな」という風に、明らかに分かりやすい特徴を持つ漆器のひとつが山中塗だと思います。

 

向こうが透けるのではないかと思うほど、薄くて軽い椀木地は、手に取るとこれも木なのかと驚く方もいらっしゃいます。

 

石川県の山中温泉地区で生産される山中塗は、ろくろ挽きで薄手の木地を作る腕の良い「木地師」が集まる地域で、各漆器産地から木地屋さんが減るのに伴い、山中への木地注文が増え、全国区になっている印象。

 

ところで皆さん「ご飯茶碗」は陶磁器をお使いの方がほとんどではないでしょうか?セトモノのご飯茶碗は、熱々の炊きたてご飯をよそうと、手に熱いのが難点。

 

私は、手持ちの漆器でご飯も食べるのですが、温かさがじわっと伝わる木の器の良さは、こういう熱々のものを食べる時だなと思うのです。やけどしそうな熱さとさよなら、落ち着いて食べ物の温度を味わう事が出来るのは、やはり木の器だからこそだと思うのです。

 

でも、今使っているものと印象が違いすぎると、ギャップにやられるというのも理解出来ます。

 

そこで登場、薄手の山中塗のお椀。陶磁器のご飯茶碗と近い印象で、木の器の良さ、漆器の良さを味わってもらえるのではないかなと思いが至りました。

 

今回、小椀のサイズを選びました。


今どきは、私みたいに一度に1合近く食べる人は滅多にいないのが分かっておりますから、このぐらいの容積がご飯用にはおすすめだなと思いまして。

 

子供用の汁椀に使っていただいてもいいですし、小鉢代わり、いろいろにお使いください。

 

値段もかわいい漆器なので、漆を初めて使う方にもおすすめ。

 

通販→https://goo.gl/pBY975
※**☆***★*※*☆**※★***☆※*★
和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店
「暮らしを美しむ小道具の店 環」
03-6914-8050
http://www.wazakka-kan.jp/
環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします
https://www.facebook.com/wazakka.kan
環のtwitter フォローよろしくお願いいたします
https://twitter.com/from_kan

#大好きな漆 #山中塗 #お椀でご飯 #ご飯茶碗 #毎日使うもの #子供にも本物を #雑貨 #和小物 #江古田 #漆器 #伝統工芸

 

【津軽塗】木村正人が塗る津軽塗のうつわ

  • 2019.05.31 Friday
  • 17:24

JUGEMテーマ:幸福に生きる

JUGEMテーマ:和雑貨

JUGEMテーマ:職人技

 

昨日は、開店前に日本橋高島屋へ。

青森・弘前から、津軽塗の塗師・木村正人さんが催事「日本の伝統展(〜6/3(月)」に出店しているので、顔を出して情報交換。

日銭稼ぎなもので、日々のお店番が一番大事な仕事になってしまいましたから、行き来が容易ではない職人さんとは、こんな機会は幸いとばかりに会いに行きます。

 

仕事の打合せは、今どきはデジタル手段を駆使すれば、会わずとも出来てしまいます。でも、気持ちの部分のアップデートは、顔を見て話す事がとても大事(と、私は信じています

 

仕事だけでなく、互いの家族の話など、ただの雑談、談笑。

そして、あっという間に過ぎる時間。

NHK-BSイッピン!の津軽塗の再放送が放映されるたびに、木村さんところも当店も、葉っぱのお皿にオーダーが集中するのですが、「もうちょっとサイズ大きめバージョンも作りませんか?今のサイズだとお料理を盛り付けるには小さい印象だし」なんてアイデア交換。

 

(料理の鉄人のお店に採用されたそうですし、葉っぱのお皿、まだしばらく引き合いが続きそうです。)

 

今、木村さんところには、若いお弟子さんが3名いるとか。木村さんは、他の職人さん達はやりたがらない後進指導を、なるべく受け入れるようにしている印象があります。「素人同然の方に教えるのは大変なのにねぇ。ご苦労様です」なんてつい軽口。

 

津軽塗の職人さんもだいぶ高齢化しているので、木村さんはいろいろ考えるところがあるようです。真剣に仕事に打ち込んでいる人ほど、未来のことを考えて行動する傾向が強いように感じます。

 

6月に入れば、早朝は漆掻きに出かける日々が始まるとか。
岩木山の麓に、バブルの頃に植樹された漆の森が生い茂っているそうで、ここ数年、木村さんは漆掻きもやっているのです。

 

(こういう仕事をしていると、当時は助成金も出て、植樹事業があったそうですから、手付かずの漆の林が各地にあるとかないとか、いろんな裏話も聞き及んでおります。)

 

私の知人数名から、Jがつく産地の国産漆は中国産より扱いにくいという話を聞いていたもので、岩木山の漆はどうなのか聞いたところ、やっぱり植物ですから、漆の調子はそれぞれなところもあるから、漆の様子を見てその漆の癖を判断したり、使えるように調整する技術も必要だよねと、ぽそり。

 

自然が作るものを、その人の限定的な価値観で、単純に良い/悪いと判断するのって浅いよなと、多くを語らずともすっと軌道修正してくれます。木村さんと話していると、こういう瞬間が多くて、ずっと側にいたくなるんですよね。

 

そんな木村さんが、丹精込めて塗っております津軽塗の器、父の日におすすめ

葉っぱのお皿→https://goo.gl/9ryDFX 
お椀や飲む器→https://goo.gl/NMUHaU

※**☆***★*※*☆**※★***☆※*★
和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店
「暮らしを美しむ小道具の店 環」
03-6914-8050
http://www.wazakka-kan.jp/
環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします
https://www.facebook.com/wazakka.kan
環のtwitter フォローよろしくお願いいたします
https://twitter.com/from_kan
#和雑貨 #和小物 #江古田 #zakka #津軽塗 #大好きな漆 #木村正人 #父の日 #葉っぱのお皿 #イッピン #お椀 #飲む器

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • フリーペーパー「ネリマガvol.1 江古田」 増刷配布開始!
    環の店主 (04/13)
  • フリーペーパー「ネリマガvol.1 江古田」 増刷配布開始!
    山西 孝枝 (03/22)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM