【漆のうつわ】木村正人の枯葉のお皿

  • 2016.09.14 Wednesday
  • 17:58

JUGEMテーマ:和雑貨

JUGEMテーマ:職人技

NHK-BS番組「イッピン〜これって本当に漆器?〜青森・津軽塗」に登場した、津軽塗の塗師・木村正人さん。

番組で紹介された、まるで本物の葉っぱのような、枯葉のお皿、店頭に並んでおります。

 

見れば見るほど本物のようです。

 

生地は紙。竹の繊維が混ざっている紙で形を取り、そこに和紙を重ねて成形。だから、こんなに薄手。

 

紙は目止めも出来ませんので、もの凄く漆を吸います。和紙なんて、繊維の細かい隙間にいくらでも漆を吸い込んでいくので、店主に言わせると「大食らいの大食漢みたいな素材」です。

 

薄いけれど、漆をたっぷり吸い込んで、しっかり硬化しているのでとても丈夫。贅沢なひと品。

 

葉脈の表現や、金箔で調子を変えた色合いなど、時間が経って透けてきたら、ますます美しい表情になるはずです。

 

店主、この葉っぱの形が何の樹なのか気になりまして、木村さんに聞いたところ、実際の葉を眺めても、どうもピンと来ないので、記憶の中の葉っぱらしい形を思い描いて作ったものだそうです。

 

「本物みたいだと言われるけれどさ、探しても、実際はこんな葉っぱはそうそう落ちてないよ」と電話口で笑い声。

 

そうそう、このお皿、裏を返すと「てんとう虫」が隠れております。思わず微笑んでしまう仕掛け。飾りだけではなく、お皿を少し傾斜させるための足でもあります。

 

こういうサイズのお皿となれば、ついお菓子を思い浮かべてしまうかもしれませんが、お刺し身に珍味、山菜を使った冷菜など、お酒のおつまみを盛りつけて下さい。葉物のおひたしだって、色が映えて、とても美味しそうに映るはずです。

 

形状は2種類。

ほっそりした形と丸まるした形。

 

現在、テレビ番組の影響で在庫不足、店頭には各1枚ございます。

 

複数枚欲しい方、秋色なら1ヶ月ほどでお引渡し可能です。お時間いただけるなら、夏の青々した葉色など色違いも対応いたしますのでメールにてお気軽にお問合せ下さいませ。

 

※見えないところに仕掛けるあたり、

 木村さんはおじさんですが、女子力高め(笑

 【通販はこちら】

 

*+*-*+*-*+-*+-+*-*+*-*+-*-+**+-*+

和の心を贈る、伝統工芸と和雑貨の店

「暮らしを美しむ小道具の店 環」

03-6914-8050

 

環のFacebookページ いいね!よろしくお願いいたします

 

環のtwitter フォローよろしくお願いいたします

 

#和雑貨 #和小物 #津軽塗 #木村正人 #漆 #漆器 #枯葉色 #落ち葉 #てんとう虫 #小皿

スポンサーサイト

  • 2020.09.19 Saturday
  • 17:58
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • フリーペーパー「ネリマガvol.1 江古田」 増刷配布開始!
      環の店主 (04/13)
    • フリーペーパー「ネリマガvol.1 江古田」 増刷配布開始!
      山西 孝枝 (03/22)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM